報酬がでるボランティア|治験ボランティアって、ご存知ですか?

治験ボランティアってご存知ですか?
バイトのようにお金がもらえる有償のボランティアです。
ボランティアといってますが、街の掃除なんかをするボランティアとは違います。
治験ボランティアといって、クスリの安全性や効き目を確認するための試験に協力するボランティアなんです。
クスリの安全性や効き目を確認する試験に協力するっていうと、少し怪しく聞こえますが、決して怪しいなんてことはありません。

治験というのは、厚生労働省からクスリの効き目や副作用について認めてもらうための、大切な試験です。
私も初めて参加した時は、なんだか気持が落ち着かず、不安なものでした。

でも実際は違いました!
何が、どのように違うのかをいまから説明しますね!

そもそも治験ってなに?

クスリは厚生労働省から許可を得て、はじめて調剤薬局などで扱うことができます。
厚生労働省の許可を得るためには、動物や細胞などを使った基礎試験の後、人による試験で安全性や効き目を確認します。
この人に対して行う試験を《治験》といいます。

人に対して行う試験といっても人体実験ではありません。
治験に入る前には、何年もかけて動物や細胞などを使った基礎研究を行い、クスリの有効性や安全性を確認します。この基礎研究で、問題があれば治験に進むことはできません。
問題ないことが確認できて、はじめて治験をおこなうことができるんです。

そして治験を受ける前には、必ず医師からの詳しい説明がありますので、クスリの副作用などを十分に理解してから参加・不参加を決めればいいんです。
決して強制されることはありません。

また治験を行うには、治験審査委員会(IRB)という第三者機関(*)の審査を通らないと実施することはできません。
*IRBという第三者機関とは、治験には関わらない独立した第三者による審査委員会をいいます。

いかがですか、一切強制されることなく、十分な説明を受けた上で、最終的に参加を決めるのはあなた自身です。
決して人体実験などというものではなく、病気で苦しむ患者さんが待ち望んでいるクスリを提供するために欠かせない試験なのです。

では!治験ボランティアでもらえるお金とは?

治験ボランティアに協力していただける方の負担を軽減するために「協力費」として報酬が支給されます。
ボランティアといってますが、無償で協力をお願いするというものではありません!
ボランティアなのに報酬として貰える「協力費」とは、参加にかかる交通費などの経費や治験で拘束される時間などに対して支払われるものです。バイトではありませんので、募集のための対価として支給されるものではありません。
このような性質の協力費ですので金額は公開されません。ご応募いただいた方に直接伝えられるものです。
とはいっても気になるところだと思いますので、一例を・・・

1日で10,000〜15,000円程度
4日間で60,000~85,000円程度
2週間になると25万円程度が相場です。

協力費は、拘束時間や検査内容によって異なりますので、必ず説明会で確認してください。

治験への参加を考えたら、まずは登録!

治験は紹介制ですので、治験の紹介している会社に登録する必要があります。
登録は無料ですので、とにかく登録してみましょう!
※登録料は無料が基本です。たまに登録料を請求する会社があるようですので気をつけましょう。

会社により多少違いはありますが、一般的な登録の流れをご紹介します。

①治験ボランティア登録

②説明会予約

③登録説明会参加

④事前検診(病院での)受診

⑤合否連絡

⑥治験参加(通院 or 入院)

 

説明会では、しっかりと試験の内容を確認してください。
治験は、万全の体制で進められますが、薬には何らかの副作用はあります。
事前の医師による説明では、副作用の説明もありますので、よく理解して、納得した上で参加するようにしてください。

ご興味のある方は、是非、参加を検討してみてください。
クスリの候補はたくさんでてきますので、紹介会社は治験ボランティアを積極的に求めています。

 

厳選比較サイトは、こちら